身体が疲れ切って勃起障害になっていました

勃起障害というのは精神面での変化によって起きやすくなるだけでなく、肉体疲労の蓄積によっても起きやすくなってしまうものです。
私の場合は大学の野球部の練習があまりにもキツくて、身体の疲れがまったく取れない日々が続く事によって勃起障害になってしまいました。
しかし本当に身体が疲れ切っていると、自分の股間の事なんてどうでも良くなってしまうもので、一時期は自分の股間が勃起障害のままでも良いから、とにかく身体を休めたいという気持ちでいっぱいでした。
しかし野球部の練習が一段落して身体を休める時間が取れると、やっぱり股間の勃起障害を治したいという気持ちが強くなってきて、ここはバイアグラの力を借りて股間を元気にしてみようという気持ちになりました。
最初は自分の身体にも合うものかと不安はありましたが、75mg程度の使用でも自分の股間が元気になっていく感覚がよく分かり、以前の自分の股間はこんな感じだったという懐かしさを覚える事が出来ました。
当時は私には彼女が居ませんでしたが、もしその時に勃起障害の治療を始めていなかったら、その半年後に彼女が出来る事も無かったかもしれません。
今では勃起障害が再発する事もありませんし、もし再発してしまってもバイアグラがあるから平気だと考えられる様になっています。
その安心感がストレスを溜めずに勃起障害の治療に集中出来て良いのかもしれません。
勃起障害が治るか不安に思うぐらいであれば、安心感を持って治療に挑むべきです。

Comments are closed.

Post Navigation